管相寺

-ちょいワル・オヤジのBLOG-  おもしろき こともなき世を おもしろく

s-IMG_1228_20120131132821.jpg

前回の「五万都青のり」菅原道真公の巻?

我が家の菩提寺、平林山 「管相寺」の境内にある
管公御腰掛石が祀られています。


s-IMG_1227.jpg

ここに立ち寄りて休憩、流しだしたる一気のあわ水。
霊験あらたかな御水の香り、いまだに漂う・・・・


s-IMG_1226.jpg

管公の腰掛石
「右大臣管相丞」
菅原道真(849~903)
延喜元年(901)右大臣道真公は、藤原時平ら
により、太宰権帥に左遷され、都を追われ筑紫に
向かう途中、道真公は都志に立ち寄った。そのとき
清らかな都志川にひかれて川を上った道真公は、当寺
で休息された。
道真公の守り本尊が観音菩薩であることから、
特に当寺管相寺(本尊「十一面観音菩薩」)参拝
し、この石に腰を下ろして周囲の風光を誉め称えた。
この石を「管公の腰掛石」として爾来祀られている。
この時土地の人が昼食に鮎をだしたところ
大変喜んで、この地を「鮎の原」と名付けたという。
管相寺の字号も道真公の「管相丞」の名にちなん
で名付けられたといわれ、寺紋も梅鉢を使っている。


この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://houetu.blog7.fc2.com/tb.php/1466-0153bb9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 法悦の徒然日記 All rights reserved. | 

 / Template by 無料ブログ テンプレート カスタマイズ